脳梗塞データベース | 脳梗塞の前兆・後遺症・原因・予防

脳梗塞に関する情報を収集し、発症する予兆や原因などを掲載。脳梗塞は誰にでも起こりうる病気です。手足の痺れ・めまい・ろれつが回らないなどの症状が気になる方は一度ご覧ください。

脳梗塞の後遺症と原因

   

脳梗塞を発症し、治療を施しても後遺症が残る場合
は十分にあり得ます。

脳梗塞は「脳」が壊死してしまう病気であり、その
脳は体内において非常にデリケートな器官ですから
治療を施した後でも脳にダメージを受けている限り
何らかの後遺症が残る可能性はあります。

脳梗塞の代表的な後遺症は下記のようなものがあり
ます。

  • 運動障害
  • 視覚障害
  • 感覚障害
  • 言語障害
  • 記憶障害

などです。

運動障害は脳梗塞の後遺症として高い割合で
発症する症状で、身体の片側半身が麻痺する事に
よって、足がもつれる・箸を持てない・上手くしゃ
ベル事が出来ない等の症状を起こし、大脳基底核や
小脳における脳梗塞による場合や、運動神経細胞へ
のダメージなどに起因する場合などがあります。

視覚障害の症状としては、対象物が二重に見えたり
また視野が片側欠損する等の症状があり、これも
半身の麻痺によって、左右の目の視点が同期せず
二重に見えたり、片側の目が見えなくなっている
ため視野が半分欠損するなどの症状になる場合が
あります。

感覚障害は、麻痺などによってものに触れる感覚が
鈍る症状で、脳梗塞の場合はその殆どが身体の片側
半分に症状が現れます。

言語障害については、麻痺などによって口や舌が上
手く動かすことが出来なくなり、ろれつが回らなく
なる構音障害と呼ばれる症状と、言葉が理解できな
い、または相手が話すことが理解はできるが会話が
成り立たない等と言った失語の症状に大別されます。

言語障害の中で構音障害は大脳や脳幹へのダメージ
によって引き起こされる場合があり、失語症につい
ては大脳の前頭葉にあるブローカ領域と呼ばれる部
分へのダメージによるブローカ失語や、大脳の側頭
葉にあるウェルニッケ領域と呼ばれる部分へのダメ
ージによるウェルニッケ失語などがあります。

ブローカ失語及びウェルニッケ失語についての詳細
は改めて紹介します。

 - コラム , , , , ,