脳梗塞データベース | 脳梗塞の前兆・後遺症・原因・予防

脳梗塞に関する情報を収集し、発症する予兆や原因などを掲載。脳梗塞は誰にでも起こりうる病気です。手足の痺れ・めまい・ろれつが回らないなどの症状が気になる方は一度ご覧ください。

ラクナ梗塞とは

   

ラクナ梗塞とは「小さな梗塞」であり、また脳内の毛細血管
などの細い血管が詰まることによって起きる脳梗塞です。

小さな梗塞を指すことから、大きさが1.5cm以下の小さな
梗塞だけをラクナ梗塞とよび、それ以上の大きさになると
ラクナ梗塞とは呼びません。

以前日本人が発症する脳梗塞の大半はこのラクナ梗塞でしたが
今ではアテローム血栓性脳梗塞の発症率の方が上回っています。

ラクナ梗塞の症状は比較的軽く、脳に致命的なダメージを与える
事は少ないのですが、今現在ラクナ梗塞の発症率が下がってきている
要因の一つとして、高血圧症に対する治療や対策が向上している
事が挙げられ、つまりラクナ梗塞は高血圧状態が長く続き動脈硬化を
引き起こし血流を阻害することにより引き起こされることが多いので
その引き金となる要因としては、肥満・喫煙・加齢・糖尿などが
挙げられます。

またラクナ梗塞はごく小さな梗塞であるため、自覚症状はほとんど
なく、一般的に「隠れ脳梗塞」と呼ばれることもあります。

 - 特集記事, 脳梗塞の分類と要素