脳梗塞データベース | 脳梗塞の前兆・後遺症・原因・予防

脳梗塞に関する情報を収集し、発症する予兆や原因などを掲載。脳梗塞は誰にでも起こりうる病気です。手足の痺れ・めまい・ろれつが回らないなどの症状が気になる方は一度ご覧ください。

心臓疾患について

   

脳梗塞の原因として心臓疾患をはじめとして心臓に
起因する割合も非常に高いのです。

心臓疾患が原因で出来た血栓が血流を辿り脳の
動脈を詰まらせると大きな脳梗塞のダメージを受ける
可能性が高く、これを心原性脳梗塞といいます。

心臓にによる原因での脳梗塞ということですね。

日本人の心臓疾患による死因の多くの割合を占めている
のは「狭心症」と「心筋梗塞」ですが、どちらも発症する
大きな原因は動脈硬化にあります。

動脈硬化は加齢・高血圧・コレステロールなどが原因と
なりますが、コレステロールが血管壁にこびり付くなどの
要因から動脈が硬く・もろくなってきて、次第に血管壁の
厚さが増して血液の流れるスペースがなくなってきて血流
が阻害される状態です。

狭心症と動脈硬化はどちらにおいても心臓への血液の流れが
不足することによって起きる病気ですが、狭心症は冠状動脈が
動脈硬化によって血液の供給が滞り、信金が酸素不足になり
痛みを伴う状態を言います。

心筋梗塞は冠状動脈が血栓によって詰まって、血流が滞り
心筋が壊死してしまう状態です。

どちらも血流の流れが滞る状態ですが狭心症は動脈が細くなり
血液の流れが悪くなっている状態に対して、心筋梗塞は血流が
完全に詰まった状態です。

動脈硬化は誰にでも起こりえる症状ですし、加齢によって
血管が柔軟性を損なうことは裂けて通ることは出来ませんが
日々の生活に十分気をつけることによって、心臓疾患を
予防することは出来ます。

まずは、塩分を控えた食事を心がけて脂質の取りすぎや
過度な飲酒、または喫煙を控えることによって動脈硬化を
予防することが出来るのです。

また、適度な運動も非常に効果的です。
(特に有酸素運動)

脳梗塞の原因として、狭心症や心筋梗塞以外にも様々な
心臓疾患が挙げられますが、特に注意が必要なものとして
心房細動という病気があります。

心房細動は不整脈の一種であり、左心房の働きが不規則になって
脈が乱れる病気ですが、慢性的な心房細動は心電図検査によって
発見することが可能なのですが、発作的な心房細動は発作が起こった
時にしか発見することが出来ませんので、脈に異常を感じたら
すぐに医師に相談しましょう。

この心房細動については、また別途詳細に記載をいたします。

 - 脳梗塞の原因 , ,