脳梗塞データベース | 脳梗塞の前兆・後遺症・原因・予防

脳梗塞に関する情報を収集し、発症する予兆や原因などを掲載。脳梗塞は誰にでも起こりうる病気です。手足の痺れ・めまい・ろれつが回らないなどの症状が気になる方は一度ご覧ください。

脳梗塞予防について(脳卒中予防10ヶ条)

      2012/03/26

脳梗塞は脳卒中の分類の一つです。

日本脳卒中協会によって、脳卒中を予防するための知識普及を目指して「脳卒中予防10ヶ条」を作成されております。

脳梗塞の四大危険因子ともいえる高血圧・肥満・糖尿・高脂血症はいずれも動脈硬化や脳卒中の原因となり、脳梗塞は脳卒中の分類の一つであることから脳卒中予防10ヶ条を遵守することが脳梗塞を予防することに繋がります。

脳卒中予防10ヶ条では、重要な注意点
が10のリストにまとめられていますの
で脳卒中・脳梗塞ひいては生活習慣病
の予防と生活改善にお役立てください。

いずれの条項も簡単なことのようですが、いざ始めてみると
今までの生活スタイルを変えなくてはならない部分や、一旦は
始めてみたものの継続するのが人によっては難しく思える部分
もあるかと思います。

しかしながら「継続は力なり」です。

今すぐにすべてを実行できなければ、徐々にだって構いません
少しずつ生活習慣を改善し、高血圧・肥満・糖尿・高脂血症を
予防し、脳梗塞になりにくい身体になる為の生活を継続してい
きましょう。

脳卒中予防10ヶ条

1  手始めに 高血圧から 治しましょう 高血圧は脳梗塞を引き起こす大きな要因の一つです。高い血圧は動脈を刺激し、傷つけてしまいます。
2  糖尿病 放っておいたら 悔い残る 糖尿病は血液が固まりやすく、血栓を作る要因となります。
3  不整脈 見つかり次第 すぐ受診 不整脈を放置しておくと血栓が出来る場合があります。また心房細動から心原性脳梗塞に至る可能性もありますので不整脈を見逃してはいけません。
4  予防には タバコを止める 意志を持て 喫煙も動脈硬化を引き起こし、脳梗塞に至る可能性があります。健康のためにも・・・
5  アルコール 控えめは薬 過ぎれば毒 酒は百薬の長といいますが、過ぎたるは及ばざるが如し。生活習慣病の原因の一旦ですので、やはりここは「控えめ」に
6  高すぎる コレステロールも 見逃すな コレステロールが高くても脳梗塞を引き起こす要因となります。コレステロールが高すぎると血流を止めて脳梗塞に(低すぎてもいけません)
7  お食事の 塩分・脂肪 控えめに 塩分・脂肪の過多は高血圧になりやすいです。
8  体力に 合った運動 続けよう 適度な運動は中性脂肪を下げ、血圧を下げる効果があります。
9  万病の 引き金になる 太りすぎ 太りすぎた人は、脳梗塞を発症する確率が高くなります。また肥満は様々な生活習慣病の引き金です。
10 脳卒中 起きたらすぐに 病院へ 早期発見・早期治療が肝要です。出来ることなら「起きたら」ではなく、「もしかして?」と思った時点で医師に相談しましょう。

いかがでしたか?

脳梗塞の予防の最善手はやはり生活習慣の改善です
今一度「脳卒中予防10ヶ条」を読み返して、生活の
改善に取り組みましょう。

どれも簡単なことのようですが、最も肝心なのは
継続すること」です。

いきなり不慣れなことをするのは大変なことですが
焦らず徐々に継続できるように、少しずつで良いので
初めていきましょう。

 - 特集記事, 脳梗塞にまつわるリスト