脳梗塞データベース | 脳梗塞の前兆・後遺症・原因・予防

脳梗塞に関する情報を収集し、発症する予兆や原因などを掲載。脳梗塞は誰にでも起こりうる病気です。手足の痺れ・めまい・ろれつが回らないなどの症状が気になる方は一度ご覧ください。

多発性脳梗塞とは

   

多発性脳梗塞とは文字通り脳梗塞を多発的に発症させる状態をいい
その多くはラクナ梗塞などのように小さな梗塞を多発させていることが
殆どです。

ラクナ梗塞は脳内における毛細血管など細い血管が詰まることによって
発症する脳梗塞ですから、自覚症状も少ないため脳に梗塞が出来ている
ことに気付かず、多数の脳梗塞を形成してしまう場合があり、これを
多発性脳梗塞と呼びます。
(1.5cm以下の小さな脳梗塞だけを「ラクナ梗塞」と呼びます)

脳に大きな梗塞・血栓ができれば自ずと症状も深刻なものとなるため、
すぐに発症部位を発見することができますが、小さな梗塞が出いても
気付かないことが多く、そのため何時しか多数の梗塞を形成し多発性
脳梗塞という症状になるのです。

多発性脳梗塞及びラクナ梗塞を発生する原因の多くは高血圧によるもの
が多く、血圧が高まると血管自体に高い圧力が加わることによって動脈
にダメージを与えることによって動脈硬化を引き起こし、血流が滞るこ
とによっていずれ脳梗塞を形成するのです。

多発性脳梗塞の症状としては運動障害や麻痺などを発症することが多く
症状が悪化してくると言語障害や認知症の症状を現す。

その対策としては、まず高血圧の予防があげられますが、それ以外にも
肥満・喫煙・糖尿など生活習慣の改善が予防の第一歩となります。

ラクナ梗塞のような小さな脳梗塞は加齢とともに誰にでもありえるもの
なのですが、それを放置せず高血圧を予防し、肥満を防止するためにも
暴飲暴食を改め、禁煙をしたり過度な飲酒をしないようにするなどのよ
うに、生活習慣を見直すことが肝要です。

また、梗塞が小さく数が少ないうちに適切な処置を早期に施すことが
大切になりますので、定期的に医療機関での検査をすることも重要な
ポイントとなります。

繰り返すようになりますが、小さな脳梗塞は加齢とともに誰にでも
ありえるものなのですが、放置をしない・早期に発見治療することが
大切なのです。

 - 脳梗塞の分類と要素 , ,