脳梗塞データベース | 脳梗塞の前兆・後遺症・原因・予防

脳梗塞に関する情報を収集し、発症する予兆や原因などを掲載。脳梗塞は誰にでも起こりうる病気です。手足の痺れ・めまい・ろれつが回らないなどの症状が気になる方は一度ご覧ください。

脂質異常症について

   

脂質異常症は少し聞きなれない病気かもしれませんが放置しておくと動脈硬化の進行を早めて脳梗塞の原因となりうる怖い病気でもあります。

もともと脂質異常症は高脂血症と呼ばれていましたが脂質が足り無すぎて起こる症状もあるため、高脂血症ではなく、脂質異常症と名前を改めることとなりました。
(特に善玉コレステロールは高いほうが望ましいので)

脂質異常症は中性脂肪や脂質などが多すぎたり、または
少なすぎる症状の病気であり、脂質には中性脂肪や
善玉コレステロール(HDL)、または悪玉コレステロール(LDL)
といった分類があります。

善玉コレステロールは余分なコレステロールを駆除し
逆に悪玉コレステロールは動脈硬化の進行を早める
働きをします。

つまり単純にコレステロールが多い・少ないといったことなの
では無く、悪玉コレステロールが多すぎたり善玉コレステロールが
少なすぎたりといった症状のことをいうのです。

ただし脳梗塞の原因となりやすいのはやはり、コレステロールが
多すぎる状態で、これを脂質異常症の中でも「高コレステロール血症」と
いい、血液中に過剰なコレステロールが蓄積されると血管内に
アテロームを作り、粥状硬化を伴います。
この粥状硬化は特に太い血管に起こりやすく、次第に動脈や頚動脈において
アテローム血栓性脳梗塞を形成する要因となります。

前述の粥状硬化とは「じゅくじょうこうか」と読み、脂肪及びコレステロール
が血管壁に付着することによって、血流の道筋を狭めたり流れを悪くしますが
この付着物がドロドロのお粥(かゆ)のような様相なので「粥状硬化」と呼ばれる
動脈硬化の一種で、またはアテローム性動脈硬化ともいいます。

 - 脳梗塞の原因 ,