脳梗塞データベース | 脳梗塞の前兆・後遺症・原因・予防

脳梗塞に関する情報を収集し、発症する予兆や原因などを掲載。脳梗塞は誰にでも起こりうる病気です。手足の痺れ・めまい・ろれつが回らないなどの症状が気になる方は一度ご覧ください。

加齢による脳梗塞について

   

年齢別に脳梗塞を発症する割合は高齢者ほど高く人は齢(よわい)を重ねるごとにどうしても動脈が柔軟性を失っていくので、避けては通れませんが加齢による脳梗塞も生活習慣の改善によって発症のリスクを軽減することはできます。

一般的に歳を経るごとに血圧は高くなり易く、また血管も老化しますので動脈硬化~脳梗塞へと進行しますが、これも塩分の取りすぎを避けて過食や脂質の高い食品を控えることによって脳梗塞の予防に繋がるといえます。

また、上記以外にもカルシウム・たんぱく質・マグネシウム
繊維質などもバランスよく摂取することも肝要であり
加えて十分な水分補給も大切な要素の一つとなります。

水分が不足してくると血液の粘度を高め脳梗塞の
要因となるからです。

さらに食生活に注意することと同じくらいに、適度な運動も
重要で、特段ハードなトレーニングをする事はありませんので
高齢であるなら散歩程度でも十分な効果がありますので、くれ
ぐれも無理はしないようにしてください。

適度な運動は体内の中性脂肪を下げ、血圧を下げる効果があり
ますし、また気分転換になりますのでストレス発散にも繋がり
高血圧にもよいアプローチとなります。

加齢に伴う脳梗塞や高血圧または動脈硬化の予防として第一に
挙げられるのが「まず減塩」ですが、塩分過多であるための
影響は、塩分摂取量が多いと身体にナトリウムが蓄えられ
ナトリウムを排泄するために血圧が上げ、さらにナトリウム
には血管を収縮させる働きがあるため更なる血圧上昇の要因
となるのです。

 - 脳梗塞の原因 , ,