脳梗塞データベース | 脳梗塞の前兆・後遺症・原因・予防

脳梗塞に関する情報を収集し、発症する予兆や原因などを掲載。脳梗塞は誰にでも起こりうる病気です。手足の痺れ・めまい・ろれつが回らないなどの症状が気になる方は一度ご覧ください。

視野が狭くなる、二重に見える

   

脳梗塞の症状や後遺症として視野が狭くなる場合や目で何かを見る対象物が二重に見えたりする場合があります。

視野が狭くなる場合は両方の目若しくは片側の目において視野が欠損し左右のどちらかが2分の1ないし4分の1程度しか見えない状態となります。

大脳における側頭葉や後頭葉に脳梗塞をはじめとした脳血管障害を起こすと、視神経は脳に対して交差していますので、右側に障害があれば左側の視野が欠損し左側に障害があれば右側の
視野が欠損するといったように障害発生個所の反対側の視野が
見えなくなることがあり半盲状態となります。

対象物が二重に見える状態のことは「複視」と呼ばれ
ており、これも脳梗塞が原因で引き起こされる場合が
あります。

片目で対象物を見た時に二重に見える状態を「単眼複視」
といい、また両目で対象物を見た時に二重に見える状態を
「両眼複視」といい、特に脳梗塞などの脳疾患で発症しや
すいのは後者の両眼複視です。

主に脳幹部における脳梗塞などによって片側の眼球の動きが
悪くなることによって両眼の視線が一致できなくなり、物体
を正常に捕捉することが出来なくなっているのです。

この複視も脳梗塞などによる身体の片側麻痺等が原因で
引き起こされる場合があります。

 - 代表的な症状 , , ,