脳梗塞データベース | 脳梗塞の前兆・後遺症・原因・予防

脳梗塞に関する情報を収集し、発症する予兆や原因などを掲載。脳梗塞は誰にでも起こりうる病気です。手足の痺れ・めまい・ろれつが回らないなどの症状が気になる方は一度ご覧ください。

顔・口などのしびれ、震え

   

顔や口などが痺れるような感覚になるのは、顔の神経が麻痺していることや中枢性疼痛(ちゅうすいせいとうつう)などが考えることができます。

中枢系疼痛とは脳梗塞をはじめとした脳卒中などの病変が原因となり、顔や口のまわりをはじめ身体の何処かしらに痛みや痺れを感じるようになります。
(痛み・痺れが単独の場合もあります)

この中枢系疼痛は視床及び大脳における感覚神経に対して
正常な情報信号の処理を行えなくなることによって引き起こ
されます。

顔や口などが震える原因となり得るのは大脳基底核に異常を
きたしているのことや、片側顔面痙攣等が考えられます。

大脳基底核は神経細胞の集合で、運動機能や顔の筋肉の
コントロールなどを行い、この大脳基底核の異常によって
顔が震えるなどの症状が現れる場合があります。

 - 代表的な症状 , , ,