脳梗塞データベース | 脳梗塞の前兆・後遺症・原因・予防

脳梗塞に関する情報を収集し、発症する予兆や原因などを掲載。脳梗塞は誰にでも起こりうる病気です。手足の痺れ・めまい・ろれつが回らないなどの症状が気になる方は一度ご覧ください。

救急車が来るまで

   

身近な人などが脳梗塞の発作などによって救急車を手配する必要があるときなどの緊急事態は当然世間の大多数の人が不慣れでしょうから、やはり慌ててしまったり、どうして良いのかわからずオロオロとしてしまいがちです。

緊急事態に慣れていない方が殆どなのですから当然のことです。

このページでは、脳梗塞の発作時などに救急車を手配してから到着までの間に注意しておきたいことをいくつか紹介しておきたいと思います。

患者を安静に寝かせておく

なるべく風通しの良いところに患者を寝かせておき、
また身体を締め付けるベルト・ネクタイ・靴下・時計
などは外しておいた方が良いでしょう。

もし入れ歯などを装着されているのでしたら、飲込み
防止のために外しておきます。

患者を無暗に立たせない

患者に意識があり、多少歩けそうであっても立たせたり
歩かせたりしてはいけません。

脳梗塞の発作時などに立ち上がると脳への血流量が下が
ってしまう恐れがあります。

枕を使わない

患者を安静に寝かせるときにウッカリ枕を使ってしまい
がちですが、これは気道を塞いでしまう恐れがあるため、
頭の下に枕を置いてはいけません。

気道を確保する

患者が仰向けに寝ているのであれば、背中の下あたりに
座布団などを挟んで首筋が伸びる(顎が少し上がる)のよ
うにしておきましょう。

嘔吐するときは横向きに

患者が吐きそうであったり、吐いてしまったときには
仰向けに寝かせるのではなく、横向きに寝かせましょう。

吐しゃ物で気道を塞いでしまう恐れがありますので、この
場合にも顎を少しあげて気道を確保することに注意してく
ださい。

麻痺している半身を上に

半身麻痺の患者を横向き寝かせる場合、麻痺している側を
上にするようにしましょう。

これは喉も麻痺しているとやはり窒息の恐れがあるためで
もあり、また搬送時などの脱臼の防止のためでもあります。

患者に無暗に水を飲ませない

脳梗塞を発症すると様々な部位に麻痺を起こします。

患者を落ち着かせたい気持ちは分りますが、喉が麻痺して
いる場合などは上手く水を飲込むことが出来なくなり、咽
てしまい血圧を上げてしまう恐れがあります。脳梗塞や脳
卒中、または心筋梗塞の場合などは概ね水は患者に飲ませ
ないほうが良いとされています。

いかがでしたでしょうか?

いくつかポイントを挙げましたが、上記の注意点は
ごく一般的なものであり、やはり患者の症状や状態
によって様々変わることでしょうから、やはり救急
の手配をした折に患者の状態や症状を正確に伝えて
指示を受けて処置することが大切です。

必ず患者の状態を正確に医師に伝えたうえで適切な
指示を仰ぐようにしましょう。

 - 脳梗塞で倒れたら?