脳梗塞データベース | 脳梗塞の前兆・後遺症・原因・予防

脳梗塞に関する情報を収集し、発症する予兆や原因などを掲載。脳梗塞は誰にでも起こりうる病気です。手足の痺れ・めまい・ろれつが回らないなどの症状が気になる方は一度ご覧ください。

抗凝固療法

   

抗凝固療法とは、血液を固まりにくする薬剤によって
血栓ができることを妨げる治療方法です。

簡単に言うと血液をサラサラにすることによって、血液が
固まりにくくして血栓が出来にくくする療法で、この
抗凝固療法に使用される薬の事を抗凝固薬と言います。

この抗凝固薬は血栓が形成されることを防止して、脳梗塞など
の治療と予防に使われる以外にもカテーテルの閉塞防止などに
も用いられる薬です。

抗凝固療法に使用される抗凝固薬として、一般的なものは
ワーファリン(ワルファリンカリウム)と呼ばれるもので
心筋梗塞や心房細動による合併症である脳梗塞をはじめと
した血栓塞栓症への治療及び予防に効果があるとされてい
ます。

血液が固まりにくくなることによって血栓が形成されること
を防止する効果のある薬(療法)ですが、血液が固まりにくい
ということは、当然「抗血小板薬」と同じく怪我や胃潰瘍、
また脳出血などによる出血時にも血が固まりにくくなるので
注意が必要です。

また、注意事項として多くの抗凝固薬はビタミンKによって
その効果を減退させる効果を及ぼすことがありますので、
ビタミンKを豊富に含む食品の摂取には注意が必要です。
(納豆、モロヘイヤ、抹茶、青汁、クロレラ等)

 - 治療法についての情報 , , , ,