脳梗塞データベース | 脳梗塞の前兆・後遺症・原因・予防

脳梗塞に関する情報を収集し、発症する予兆や原因などを掲載。脳梗塞は誰にでも起こりうる病気です。手足の痺れ・めまい・ろれつが回らないなどの症状が気になる方は一度ご覧ください。

他人の話を理解できなくなった

   

言語や文字を理解できなくなる症状は「失語症」の
一つであると言えます。

会話相手の言葉はキチンと耳の届いているにも関わらず
その意味を理解することが出来なくなる状態で、理解力
障害ともいいます。

言語や文字の理解は概ね左脳にある言語野が司っており
この言語野に脳梗塞などによってダメージを受けると
失語症などの症状が出ることが多い。

また、失語症にはその症状に応じていくつかの分類があり
大阪府より発行されている「失語症リハビリテーションマ
ニュアル」によると、下記のように分類されています。

  言葉を聞いて
理解する能力
話す能力 読み書きの能力 その他
(運動性失語)
ブローカ失語
話す能力に比べて
障害が軽い
聞いて理解する能
力に比べて障害が
重い。自分の思うこ
とが話せず、話せて
もたどたどしいしゃ
べり方になる
仮名に比べ、漢字
の方が能力が保た
れる
ほとんどの人が右
片まひを伴う
(感覚性失語)
ウェルニッケ失語
話す能力に比べて
障害が重い
なめらかにしゃべ
り多弁だが、言い
誤り,錯語が多
いため、聞き手に
は非常に理解しに
くい話し方になる
一部を除き、仮名
に比べ、漢字の能
力の方が保たれる
例が多い
右片まひを伴うこ
とはほとんどない
全失語 相手のいうことはほ
とんど理解できない
が、日常のあいさつ
や、本人の状態など
に関する質問は理
解できることもある
残語程度しか話せ
なくなる
強く障害される ほとんどの人が右
片まひを伴う
健忘失語 障害が軽く、相手
の言うことはよく
理解できる
なめらかにしゃべる
が、喚語困難がある
ため、ものの名前が
すぐに出てこない。
迂言(回りくどい言
い方)が多い
読解や音読は保た
れる。書字能力に
は個人差がある
 
伝導失語 比較的保たれてい
字性錯語(言葉の
一部の言い誤り)
が多く、誤りに気づ
いて言い直そうとす
るため、発話の流
れが妨げられる
漢字より仮名の方
が障害されること
が多い
復唱が言語理解に
比べ際立って障害
される

いずれの失語の症状においても会話内容の理解力に関して
多かれ少なかれ影響はありますが、特に理解力に影響が
強いとされる失語の分類はウェルニッケ失語であるといわ
れます。

このウェルニッケ失語の主な病巣はその名の通りウェルニッケ
言語中枢と中側頭回後半部を中心とした領域とされており、
その中核症状は聴覚理解障害です。

 - 代表的な症状 ,