脳梗塞データベース | 脳梗塞の前兆・後遺症・原因・予防

脳梗塞に関する情報を収集し、発症する予兆や原因などを掲載。脳梗塞は誰にでも起こりうる病気です。手足の痺れ・めまい・ろれつが回らないなどの症状が気になる方は一度ご覧ください。

MRA検査とは

   

脳梗塞の診断に良く使われるMRA検査とは、MRを利用した血管
撮影の手法で、MRIが断層撮影を行うのに対して、MRAでは血管
の走行や太さを映像化します。

このMRAはMagnetic Resonance Angiographyを略したもので
これを直訳すると磁気共鳴血管造影となります。

MRA検査は脳ドックなどをはじめとした医療機関で幅広く利用され
当該検査において造影剤の投与の必要はなく、またCTのように
放射線を利用することもありませんので身体への影響はほぼ
無侵襲であるといえます。

撮影の方法としては、ほぼMRI検査と同様で患者がベッドに横たわり
筒状の装置の中に入り撮影を行います。
また、これもMRIと同様となりますがとても大きな装置音がします。

 - 検査に関わる情報