脳梗塞データベース | 脳梗塞の前兆・後遺症・原因・予防

脳梗塞に関する情報を収集し、発症する予兆や原因などを掲載。脳梗塞は誰にでも起こりうる病気です。手足の痺れ・めまい・ろれつが回らないなどの症状が気になる方は一度ご覧ください。

脳血栓と脳塞栓

   

脳梗塞とは脳内に張り巡らされた血管に、何らかの要因のよって
血流が滞り、酸素や栄養などが脳内で不足し、その結果として
組織が壊死などダメージを負う病気をいい、その脳梗塞に至る
要因によって大きく二つに分類することができる。

それが、脳血栓と脳塞栓です。

前者の脳血栓は脳内の動脈に動脈硬化を引き起こすことによって
動脈が固く血液の道筋が細くなり、または血管の炎症などにより
いずれ脳の血管が詰まり脳に栄養や酸素がいきわたらなくなると
いったもので、その要因としては高血圧、糖尿、脂質異常症や
コレステロール異常などがあげられます。

後者の脳塞栓は体内でできた血液の塊や脂肪、または腫瘍塊や
石灰片などが血流に乗り、脳に辿り着き、脳内の血管を詰まら
せる状態をいい、重度の障害を引き起こすことがある。

脳塞栓の要因となるものの一つに「心房細動」というものがあり
一見不整脈のような症状なのですが、この心房細動によって心臓
にできる血栓は比較的サイズが大きなものになりやすく、この大
きな血栓が脳に辿り着くと、脳の動脈など太く非常に重要な血管
を詰まらせる結果になるので、深刻なダメージとなりやすい。

脳血栓と脳塞栓を比較すると、一概には言えませんが前者の脳血栓
の方が比較的徐々に、後者の脳塞栓の方が突然に重大で深刻な症状
となり病状の悪化も急激に悪化しやすい。

 - 特集記事, 脳梗塞の分類と要素