脳梗塞データベース | 脳梗塞の前兆・後遺症・原因・予防

脳梗塞に関する情報を収集し、発症する予兆や原因などを掲載。脳梗塞は誰にでも起こりうる病気です。手足の痺れ・めまい・ろれつが回らないなどの症状が気になる方は一度ご覧ください。

脳梗塞の分類について

   

脳梗塞とは一言で言うと、脳の血管障害です。

脳に何らかの血管障害が発生し、血管の血流が悪くなる
詰まるなどの状態のために、脳に酸素や栄養がいきわたらなく
なり、正常に機能を保てなくなるのです。

正常に機能できなくなった脳の影響によって、視覚・聴覚
嗅覚などに影響を及ぼしたり、身体の動作や記憶などにも
影響を及ぼしたりすることがあります。

脳梗塞を大きく分類すると3つに分けることができ、それぞれ
「ラクナ梗塞」「アテローム血栓性脳梗塞」「心原性脳梗塞」と
呼ばれています。

ラクナ梗塞は、脳の細い血管が詰まることによって起きる
脳梗塞であり、もともと「小さな梗塞」を指す言葉でした。

アテローム血栓性脳梗塞とは、脳の太い動脈が動脈硬化などに
よって血栓を作り血流がとまる事や、またはそれが原因で
血栓が破裂し血小板が集まり血管が詰まる脳梗塞を言います。

心原性脳梗塞は心臓病などによって出来た血栓が血流によって
脳にたどり着き脳の血管を詰まらせて起こる脳梗塞をいいます。

 - 特集記事, 脳梗塞の分類と要素 , , ,